安全・安心な社会を下支えする「地域のインフラ再生を担う中核的人材」を養成するため、学び直しのシステムを構築することを目的とします。コンソーシアムに参加し、全国標準のカリキュラムを設計するとともに、山口県の実情に応じた「ローカルカリキュラム」を設定し、これら両カリキュラムをもって「インフラ再生の総合技術者」を育成いたします。さらに、育成した人材が地域に定着し活躍するための社会環境も明らかにします。

1、当該分野における人材需要等の状況、それを踏まえた事業の実施意義
高度経済成長期に集中的に整備された社会資本が更新の時期を迎えつつありますが、公共投資を取り巻く環境は厳しさを増し、効率的かつ戦略的な施設の維持管理手法が求められています。一般会計予算総額中に占める公共事業費予算額は年々減少してきており、2012年度では5%程度まで落ち込んでいます。また、それに伴い建設業就業者数もピーク時である1993年の73%にまで落ち込み、加えて技術者の高齢化も進んでいます。国土交通省によれば、建設後50年以上経過した道路橋は平成32年度には26%、排水機場、水門等では37%にものぼり、インフラの老齢化が今後劇的に進行するとされています。
一方、東日本大震災だけでなく、各地で猛威を振るう自然災害により、利便性だけでなく安全な社会資本の重要性が認識されつつあり、老朽化インフラが増加する一方で、インフラ再生を担う技術者が圧倒的に不足しています。さらには自然環境・要求性能などに対応するインフラ整備技術の多様化もあり、技術が細分化されることで、俯瞰した総合力を有する技術者が減少しており、技術の伝承と育成に関する困難さも大きな問題となっています。
特に地方自治体においてはこの問題がより深刻さを増しており、適切な技術力を有し地域の社会インフラの維持管理に資することができる技術者の養成が急務となっています。そのため、本事業を通して戦略的なインフラ再生技術者の育成と活用する仕組みを構築し、地域での社会基盤に関する問題解決を担うことは大変重要です。

2、取組が求められている状況、本事業により推進する必要性
社会基盤施設の維持管理や再生は、全国的に深刻な問題となりつつあり、全国で通用する一定レベル以上の技術者を育成できるカリキュラム(コアカリキュラム)および地域の事情に適応したローカルカリキュラムを設計することの意義は大きいと考えます。
本事業で推進する人材育成プログラムのうち、コアカリキュラムはこれまで維持管理技術者を育成してきた岐阜大学と長崎大学を中心としたコンソーシアムに参加することで可能となります。昨年度の本事業において、山口大学は岐阜大学を中心とするコンソーシアムに参加することで既に一定のノウハウを蓄積しており、コアカリキュラムの普及・展開が可能です。
一方、ローカルカリキュラムの開発は、発注者と受注者という関係に依存しない教育機関だからこそ成し得るものであり、本学の使命と考えています。従来から山口大学と山口県は官学共同研究および官学勉強会の取り組みを進めており、この枠組みをもとにさらに進んだ学び直しの場を提供する本事業の意義は大きいものと言えます。また、このような人材の必要性は全国的に要請があり、本事業によりローカルカリキュラムが構築されれば、全国の教育機関への波及効果は大きいと思われます。
上述のように、本事業は社会的需要・要請が強いインフラ再生に対して、問題意識および解決の必要性を強く共有する産官学が一体となって取り組むものです。さらに、インフラ再生は単に地方にとどまらず全国的な課題であるため、コンソーシアムおよび職域プロジェクトの両者を含有する本事業において推進する必要があります。

3、あたっての平成25年度までに実施された職域プロジェクト等の成果の活用方針、方法等
山口大学は建設分野に取組実施における地域の基幹大学として、これまでにも地方自治体・建設関連団体・企業と強い連携をはかっています。山口県土木建築部とは官学勉強会を組織し、種々の問題について共同して取り組んでいます。また、民間企業等も参加する構造物の維持管理技術研究会(通称リハテック研究会)も機能しており、これらの組織を通じて、山口大学を中心とする信頼関係が構築されています。昨年度にはインフラ再生技術者教育についての準備会議を産官学からの出席者を得て開催し、本事業の重要性を再確認するとともに、本事業の積極的推進に関し連携することを確認しました。この成果は本年度以降の事業の確実な実施を約すものです。また、平成25年度より岐阜大学を中心とするコンソーシアムに参加し、コンソーシアムメンバー間での情報交換を行っています。コンソーシアムに設置されたカリキュラム検討WGに参加することで、コアカリキュラムの方向性、地域で養成すべき技術者の水準が概ね設定でき、この成果を本年度構築するローカルカリキュラムの構築に活用していきます。
















 

(c)2015-2017 copyrights MEyamaguchi All Rights Reserved.